Chromeのブックマークを重複・選択削除により3,200個削減した基本的な手段

パソコン・スマホ・タブレットにてGoogle Chormeを利用しており、同期をとっている端末は軽く10台以上。そして、気がついてみるとブックマークの数は約3,800個にも。その影響で、MacでChromeを使用するとレインボーカーソルのプチフリーズが発生。

これは由々しき課題と、重複したブックマークの削除、選択削除で対応し、約3,200個のブックマークを削除しました。

今回はありきたりの対応ですが、私が約3,200個のブックマークを削除した基本的な方法を記載します。

スポンサーリンク

拡張機能を利用した重複ブックマークの削除

先日の記事「MacのChromeで頻発のレインボーカーソル、解消方法を試してみた」の一部の再掲ですが、まずは拡張機能「ランデ・イント」を利用し1,528個のブックマークを削除しました。

同じGoogleアカウントで複数端末にてChromeに同期していると、例えば久しぶりに起動した端末のブックマークが重複してしまう現象が発生しています。どのような状況でブックマークが重複するものか、詳しいことは確認できていないのですが、同期を行うメイン端末を特定できないことに起因してか、不可解な現象になっています。

▼「ランデ・イント」はブックマークの重複を短時間で抽出でき、一括削除もできる優れた拡張機能です。空フォルダの検索や削除履歴も確認できます。

ランデ・イント(拡張機能サイト)

選択削除

ブックマークをHTMLファイルでエクスポートし、一旦 ブックマークの全削除、ブックマーク等の削除・整理後にHTMLファイルをインポートする手段もありますが、私は初歩的なブックマークマネージャーでの選択削除を行いました。

選択削除を効率的に行うポイントは以下です。

  • 「ctrl + A」にて現フォルダのブックマークを一括して選択。
  • 一行づつ選択する場合には「ctrl」あるいは「shift」を押しながら選択。

▼事例として「はてな運営」フォルダのブックマークを「ctrl + A」により一括選択した状態。ブックマークが青の背景となっていますが、これが複数選択されている状態です。

削除する場合には、右上にある「削除」、あるいはDeleteキーにて削除します。

▼一部のブックマークが白い背景となっていますが、全選択後に一部を選択解除した状態。「ctrl」を押しながら選択すると部分解除できます。

▼フォルダごと削除する場合には、フォルダを選択してdeleteキー、あるいは右クリックして削除で実行となります。

ブックマークを個別に精査することなく大胆に削除しましたが、以上により、約3,800個あったブックマークが、重複削除後には2,291個となり、さらに選択削除・フォルダごと削除により583個まで減少しました。

私の場合、おそらくは1ヵ月で閲覧するブックマークは100~200個程度でしょうか。583個のブックマークはまだ多いのですが、当面これにてよしとします。

▼ブックマーク数のカウントには、拡張機能「simple bookmark count」を利用しています。

以下の画像のとおり、ブックマークバーのアイコンにブックマーク数が表示され、ブックマーク数削減中の動態管理などにはシンプルでよい機能です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする