Win 10 2in1 PCが2万円ちょっと、海外通販で購入できる5製品をピックアップ

Jumper EZBook 3 Proを購入して以降、ますます中国メーカー製のデジギアの、高級感・価格・性能のコスパの高さに魅せられている私。中国メーカー製の端末を購入したのは、2015年10月にChuwi Hi8(デュアルOSタブレット)に続き2台目となりますが、その頃とは比較にならないほど高級感が増し、より一層 コスパが高くなっているのは確実。

このChuwi Hi8とJumper EZBook 3 Proの購入の狭間の期間で、私が欲しかった製品群が、10インチクラスの2 in 1タブレット。私はASUS T90Chiを所有しているために購入には至らなかったのですが、今あらためて海外通販サイトをみると、旧製品群であるだけに価格も値下がりしています。そこで、今回はますます購入しやすくなった10インチクラスの2 in 1タブレットのうち、キーボード込みで2万円ちょっとで購入できる、以前から私が欲しかった製品を紹介です。

関連するかもしれない記事

Jumper EZBook 3 Pro 外観レビュー、アルミ製ボディで家族も唖然、評判どおりの質感の高さ

スポンサーリンク

2 in 1タブレット、旧製品群の一般的なスペック

今回、私が紹介する2 in 1タブレットは、概ね 2016年に発売された、以下の製品。

※価格は2016年8月18日時点での、Gearbest、あるいはGeekbuyingのもの。セール品を含むため、価格は変動します。

こうして並べてみると、同時期に発売された端末であるため、各メーカーのス主要ペックは、上表のとおりほぼ同じ。以下はスペック等に対するコメントです。

  • CPUは全てAtom Z8350。私は、サブPCにこれより世代の古いAtom(Z3775, ASUS T90Chi)を使用していますが、Webサイト閲覧、文書編集なら十分に快適です。Z8350はグラフィック性能が強化されているため、Z3775ではやや難のあったYouTube視聴も含め問題ありません。
  • メモリは4GB搭載ですが、こちらも問題なし。私の2GB端末でも何とかメモリ不足にならずに踏ん張っていますが、4GBあればメモリ不足に陥ることはありません。
  • EZPad 6、W1 Pro以外は、Windows 10、Android 5.1のデュアルOS。10インチクラスのディスプレイ、しかもキーボード付の2 in 1の場合には、日本語入力が快適なWindowsがメインで、Androidはサブ的な運用になるかと思います。この点においては、WindowsのみのEZPad 6、W1 ProのシングルOSの判断も頷けます。また、シングルOSのため、ストレージを有効に利用できる利点もあります。
  • ちなみに、キーボードは全製品とも英語キーボードであり、日本語キーボードの設定はありません。初めて英語キーボードを利用する場合には、「英数」「かな」の切替に手間取りますが、以下で紹介のアプリによりワンタッチで切替もできます。

英語キーボードの「かな」「英数」をAlt空打ちで瞬時に切替。alt-ime-ahk.exeで快適な入力環境
日本の店頭に並んでいない、海外通販にて購入したパソコンのキーボードは英語キーボード。私が先日購入した「Jumper EZBook 3...

CPU、メモリ、ストレージ、ディスプレイの解像度などの主要スペック的には、上記のどの機種を選んでも、Webサイト閲覧、文書編集、重くない動画視聴では十分です。比較検討する場合には、デザイン・質感・キーボードの快適性と価格との折り合いになるでしょう。

なお、このうち厄介なのが、キーボードの快適性。これは通販サイト・動画では確認しがたいため、各所のレビューをじっくり参照するしかないように思われます。

では、各製品を個別に確認してみます。

Chuwi Hi10 Pro

Gearbest CHUWI Hi10 Pro with Keyboard (Gearbest)
CHUWI Hi10 Pro with Keyboard (Gearbest)

Chuwiの10インチタブレットは、HiBook、Hi10、それぞれに通常版とPro版がありますが、以前の機種と比較すると、これらの10インチシリーズより格段に質感が向上しています。

私が所有するHi8ではプラスチック製のチープな質感ですが(とは言え、現在の日本製の格安タブレットと遜色ない質感)、Hi10以降のChuwiの製品は、日本・台湾のメーカー製の質感と同等以上です。

そして、その質感が最もわかり易いのが、数ある動画のなかでも以下のAMD Teachサイト(多くのレビュー記事、動画あり)の動画。私の場合、この動画・その質感の高さをみて、今 手元にある使用していないスマホ・タブレットを売却して、家族共用として購入すべきか迷ってしまうほどです。

なお、このHi10 Proは、国内外でもレビュー記事が多数あり、万一トラブルが生じた場合には、同様な事例・解決方法が探しやすいです。例えば、以下のTechtabletsサイト(海外サイト)では、Chuwi Hi10のユーザーが集い、その設定・トラブル対応などに319の投稿が展開されています。

Chuwi Hi10 Discussion

▼こちらの動画は「ちょっと出来過ぎか」」と思うほどに、質感の高さが描写されています。

なお、Windows 10とAndroidのデュアルOSですが、Androidのバージョンは5.1と古いもの。古くても動作には全く影響はない(しいて言えば、Fire TVでのミラーリングは難あり)ものです。

なお、以降の製品も同様ですが、専用キーボードが用意された製品のため、Windowsでの使用が妥当かと。日本語入力をキーボードで行う場合、私の経験では、その日本語変換ソフトなど、やはりAndroidよりもWindowsがより速く正確に入力・変換できます。

▼こちらのGearbestのセール価格はUSD207.99。

CHUWI Hi10 Pro 2 in 1 Ultrabook Tablet PC with Keyboard (Gearbest)

▼Geekbuyingのセール価格はUSD199.99
[Package A] CHUWI Hi10 Pro Dual OS Windows 10 + Android 5.1 Intel Z8350 Tablet PC (Gray) + Original Magnetic Docking Keyboard

なお、ChuwiのHi10には複数のバージョンがあり、現在も流通しているものとして以下のChuwi Hi10 Plusがあります。スペック的にはHi10 Proに近いものがあり、Chuwi Hi10 Plusも同じくデュアルOS。ディスプレイは、Chuwi Hi10 Proが10.1インチであるのに対し、Chuwi Hi10 Plusは10.8インチ。

Gearbestでのセール価格はUSD189.99と、Hi10 Proより安くなっています。好みの問題ですが、私個人としてはキーボードと一体感のあるHi10 Proがより所有する満足感が得られるとの認識です。
Gearbest CHUWI Hi10 Plus Tablet PC (Gearbest)
CHUWI Hi10 Plus Tablet PC (Gearbest)

Jumper EZpad 6

Gearbest Jumper EZpad 6 with Keyboard (Gearbest)
Jumper EZpad 6 with Keyboard (Gearbest)

ディスプレイは11.6インチと、10.1インチのChuwi Hi10 Proよりも一回り大きいサイズ。端末とキーボードのデザインや配色など、Chuwi Hi10 Proと似たものがあり、どうみてもChuwi あるいは他メーカーの製品を意識したものと思われます。

スペック・質感ともにそつなくまとまっており、ChuwiあるいはJumperの選択は、ディスプレイサイズ、僅かながらに異なるデザインと配色、価格を考慮した判断となるでしょう。

私としては、iPadを含めると、7インチ、8インチ、8.9インチ、9.7インチのタブレットが手元にあるため、11.6インチのEZpad 6を選択したいところですが、やはり質感と、ユーザーの多さ、困った時に頼りになるサイトが多いことで、Chuwi Hi10 Proを選択となります。

▼Geekbuyingのセール情報
Jumper EZpad 6 Ultrabook Tablet PC
icon



icon

▼こちらの動画は、その質感がわかりやすい。ただし、レビュー動画数では、やはりChuwi Hi10 Proが圧倒的に多いもの。ユーザーの多さ・人気のほどがわかります。

Teclast Tbook 10 S

Gearbest Teclast Tbook 10 S (Gearbest)
Teclast Tbook 10 S (Gearbest)

スペック的には、上記で紹介の製品と何ら変わるところはありません。このTeclast Tbook 10 Sは、その配色の影響もあるでしょうけど、Chuwi Hi10とは違った趣の質感の高さを感じ取れます。

個人的な趣向では、ヒンジのあたりの処理が過去のVaio505(銀パソを踏襲するシリーズ)に似ているように思え、好感触。ただし、これが普通のシルバーであれば尚もよかったのですが。

▼Gearbestでのセール情報。キーボードは別となるものの、セール時にはキーボードを付けても216ドルほど。
Teclast Tbook (Gearbest)

▼こちらのAMD Techの動画は、他製品も含めて撮り方・見せ方が上手いく、どの製品も欲しくなってきます。

Pipo W1 Pro

Gearbest Pipo W1 Pro (Gearbest)
Pipo W1 Pro (Gearbest)

国内で取り扱っているサイト(紹介、レビュー記事)は少ないものの、私としてはかなり気になっている端末が、このPipo W1 Pro。端末の配色が、ASUSのT90 / T100に近く、私がT90Chiを所有しているだけに親近感があるとの、個人的な好みもあります。

スペック的には同時期に販売された端末とほぼ同様ですが、スタイラスペン付です。

以下の動画を観ると、キーボード・スピーカーの音質がややチープ、タッチパッドが小さいなどの、ちょっとしたデメリットらしきものもあります。また、 Chuwi、Cube 、Teclastなどの他の中国メーカーの端末と比較するとやや質感の劣ることが、動画で確認できます。

でも、やはり気になるPipo W1 Proです。完全に自分の好みでの記載となっていますが。。。

▼Gearbestでのセール情報。スタイラスペン付ではあるものの、他製品と比較するとやや割高感あり。
Pipo W1 Pro Tablet PC (Gearbest)

まとめ

2万円ちょっとで購入できる、旧世代のCPUを搭載した2 in 1 タブレットを5製品ピックアップしました。旧世代とは言え、もちろん現役で使用できる端末です。これらの製品が2万円ちょっとで購入できるとは、恐るべし中国パワーです。サポート体制には弱いものの、スペック・質感ともに十分なものであり、多少の不具合が生じた場合には、自分で調べて対応することに労をいとわない方に、特におすすめです。

▼今回、紹介の製品

CHUWI Hi10 Pro with Keyboard (Gearbest)

CHUWI Hi10 Plus Tablet PC (Gearbest)

Jumper EZpad 6 Ultrabook Tablet PC (Geekbuying)

Teclast Tbook (Gearbest)

Pipo W1 Pro Tablet PC (Gearbest)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする