中華タブレット Chuwi Hi8に、有線LANなどを接続してみて驚きの結果に!

中華製の8インチタブレット Chuwi Hi8に、付属のOTGケーブルを利用して、Android / Windows 10のデュアルOSのうち、Windows 10にマウスなど様々なハードを接続してみました。その結果、国産タブレットでは当然となるのでしょうが、Hi8でも何事もなく「全てが稼働。全く問題なし」となりました。タイトルは少し大袈裟ですが、もはや中華製と侮ってはいけませんね。では、早速ですが接続・検証を行った結果のレポートです。

※画像は「しっかり検証してるよ」と示す目的のため、解像度をかなり落としています。

▼写真下にある、付属のUSD変換アダプターを使用しての検証です。このアダプターですが、接続する際に少々きつめになっています。

f:id:kminebg1110:20151017114304j:plain

スポンサーリンク

ワイヤレス キーボード、ロジクール k400r

アンドロイドスティク・MK809Ⅲの操作用に、2年ほど前に購入したタッチパッド付のワイヤレスキーボード・ロジクール k400rを、Hi8に付属のUSB変換アダプターに、k400rの無線受信機を差し使用しました。

キーボード・タッチパッドとも、何の不都合もなく稼働し、実際の入力もかなり快適です。自宅でコタツに暖まりながらの作業はこのスタイルでもいいかな、と思います。

f:id:kminebg1110:20151107135206j:image

なお、このk400rですが、アンドロイドスティク MK809Ⅲにおいても、普通に機能します。入力の快適性は通常のフルキーボードと同等です。

USBマウス、USBキーボード

上記のワイヤレスキーボードが使用できたところで、他の接続機器が繋がることも予想できます。このため普通に接続していては面白味に欠けるため、USB変換アダプターに100均で購入したUSBハブを接続したうえで、USBマウス・キーボードの同時接続です。
結果、全く問題なく同時使用OKです。ブログ的には「何か問題があったほうがよかったかも」ですが、いたって普通です。何のストレスもなく稼働しています。

f:id:kminebg1110:20151107135230j:image

有線LAN接続の検証

こちらもアンドロイドスティク MK809Ⅲとの接続用に購入したものを流用です。

私が購入・今回の検証に使用した「USB・LANアダプタ」はAmazonにて見つかりませんでしたが、代替品のリンクを貼っておきます。あまりにも安いと接続に難ありとのレポートもあり、安いものを購入される際には十分に吟味くださいませ。

▼micro USBのタブレット・スマホには、別途 USB・micro USBの変換アダプター(100均でもあります)が必要ですが、以下の商品はUSBハブと有線LANアダプターの機能を備えたものの。Amazonでの評価もかなりのもの。

▼タスクバーの無線LANのアイコンが優先LANアイコンに変わりました。

f:id:kminebg1110:20151107145554p:plain

やや驚きだったのが、以下の下りダウンロード速度です。

▼こちらは有線ですが、Nuro光の環境下で92.12Mbps、2回目は97Mbps。私のデスクトップ環境での速度とほぼ同じです。正直なところ、USBのLANアダプター経由で、ここまで速度が出るとは予想外。

f:id:kminebg1110:20151107145707p:plain

▼こちらは11gでの無線LAN。11aではないため遅いだろうと思いきや、48.42Mbpsとなり十分な速度です。

f:id:kminebg1110:20151107145723p:plain

いかがでしょうか。先のレビューと今回の検証も含め、Nexus 7(2012)よりも劣るところは皆無と言ってもよいと思います。

Hi8の残る課題は、こちらはHi8の問題ではなく、Windows 10の設定・使い勝手ですが、無線LANの外出時使用において、時々切断されること、そしてフリック入力・ソフトキー入力の使いづらさです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする