これが正解?割れたiPhoneを使い続ける人が多い理由

dyoa_e4_kx6ey511483537617_1483537689

家族のiPhone 5sの液晶が割れ、私がサブとしてWifi運用していたiPhone5を家族に譲る(家族から、お古として譲り受けたものを戻した)こととなりました。

そこで「iPhoneが割れた」ということが頭の片隅にあるせいか、毎日の通勤時に、千葉市内から都内まで、片道1時間半の電車通勤に周囲を見渡してみると、男性も女性も、若い方も私と同年代の方も、液晶の割れたiPhoneを使用している人の多いことか。必ず片道の通勤時に、2・3人は見かけます。

一方、アンドロイドはどうかと言うと、「割れたアンドロイドを使用している人」は一人も見かけません。iPhone使用者が圧倒的に多いというわけではなく、感覚的にはややiPhone比率が高いものの、「iPhone 5.5 :アンドロイド 4.5」の割合でしょうか。

ここで疑問としてあがるのが、「なぜ、割れたiPhoneを使用する方が多いのに対し、アンドロイドは少ないのか」ということです。

Googleで検索してみると、この疑問は私のみならず、多くの方が同じ疑問を抱いているようです。

スポンサーリンク

割れたiPhoneを使い続ける人が多い理由は?

検索すると多数の見解がありますが、整理としては以下のとおり。

  1. iPhoneの機種代は中古でも高い(修理代も高い)が、アンドロイドは特にスペック・デザインにこだわりがなければ、安いものがゴロゴロある。
  2. iPhoneのほうが衝撃に弱いため、割れる度に直しているとコスト高になる。
  3. iPhoneを使っている人の割合が大きい。
  4. iPhoneは液晶が割れても使用できるが、アンドロイドは液晶が割れると使えない。

どれも正解と言えば正解なのでしょうが、決定的なものは上記の4ではないでしょうか。確かに、私の経験でも以下の記事のとおり、Xperia Z1fの液晶に僅かなヒビが入っただけで、ヒビより上側のタッチパネルは反応しませんでした。一方、同じく液晶が割れたことのあるiPhone 3GS / 4s、そして今回の5sとタッチパネルは普通に機能しています。

Xperia Z1f (SO-02F)、ディスプレイを自分で交換してみた
子供が所有していたXperia Z1f (ドコモ SO-02F)ですが、バッテリー過放電のためでしょうか、充電・起動すらせず、まずは...

「iPhoneは液晶が割れてもタッチパネルは機能する。アンドロイドは液晶が割れるとタッチパネルも機能しない(全機種がそうではないと思いますが」の図式は、一口に液晶といっても「フロントガラスとデジタイザ」で構成されていますが、iPhoneの液晶が割れた場合には、実際にはフロントガラスのみが割れ、デジタイザは無事というケースだと思われます。

アンドロイドはフロントガラスとデジタイザの密着度?がiPhoneと異なり、フロントガラスの割れ=デジタイザに直結となるのでしょうか。

(私の想像であり答えではありません)

iPhone ひび割れアートが流行っている?

「iPhone ひび割れ」で検索してみると、興味深いサイトがありましたので、ご紹介です。iPhoneの液晶、そしてiPhone 4 / 4sのガラス製背面カバーが割れたことを逆手にとった「iPhoneのひび割れアート」なるものが話題となっているようです。

例えば、液晶画面ですと、ドラゴンボールのカメカメ派を発するところを画面のヒビ・割れと組み合わせたり(言葉では説明しにくいのでリンク先を参照)、背面カバーのヒビに蛍光ペンで着色したりと、これらの画像が公開されており、確かにアートっぽく見えます。

ひび割れてもなお鑑賞できる・遊べる。さすがiPhoneです。

バキバキに割れてしまったiPhoneのひび割れ模様を敢えて活用する方法がネットで話題となっています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする